ビタミンCの抗酸化作用

ビタミンCには、しみ、そばかす、日焼けによる色素沈着、肌の再生、シワ対策などの美肌に効果があるというイメージがあります。その他にも、抗酸化作用もビタミンCの大きな特徴になっています。

 

ビタミンCは、強い抗酸化作用があるだけでなく、酸素による体の酸化を防ぐビタミンEが傷ついても、元気な状態に戻す作用も持っています。ですから、ビタミンCとビタミンEは、同時にとると良いといいます。生活習慣病の予防にも、より効果が発揮できます。

 

野菜、いちご、みかんなどの果物類に、ビタミンCが豊富に含まれています。水溶性のビタミンCは、水に溶けやすい性質を持っています。野菜を煮たりすると、煮汁にもビタミンCが溶け出しているので、なるべくすべて飲むようにしましょう。

 

生のまま食べるときは、ビタミンCが水に溶け出して損なわれないうちに、手早く調理をしなければいけません。

 

抗酸化作用が強いので、ビタミンCやビタミンEだけをとっていればそれでOKだ。とはなりません抗酸化作用の働きを手助けし、効果を高める亜鉛、セレン、などのミネラルも必要です。1つ栄養素に偏るのではなく、バランスの良い食事をとるように気を付けなければいけません。

 

 

PR
カーシェアリング…http://xn--cckjlw6a6x8b7c8342ez9m1j5gebh.net/

 

カーシェアリングなら使いたいときだけ利用できるのでお車代も格安ですみます。